ピン端子の種類についてご紹介

ピン端子にはパネルに取り付けて、他の機器と接続を行うためのピンジャックやプリント基板間のハーネスに利用するコネクターなどの種類があります。



一般的にピン端子はプリント基板に半田付けを行い、端子部分には測定機器を接続するなどして、電子機器の状態をチェックするためのチェックポイントやテストポイントとして利用する事が多くあります。


電子機器の回路は信号のやり取りが行われ、便利な機能を作り出していますが、信号のやり取りが正しく行われているのか否かは特定箇所の電圧値や波形が正しく発生しているのかを確認する必要があります。
電子機器の修理においては、同じような故障原因の場合には、特定のICやトランジスタを交換する、この部分の抵抗は多くの電流が流れるので、故障の状態に応じて抵抗を交換すれば良いなどのノウハウ的なものもあります。



しかしながら、測定ポイントを設けており、そのポイントで発生している電圧が何ボルトになっているのか、この部分では正弦波が正しく出ていないと電子機器の回路が故障している可能性があるなど、測定ポイントでのチェックも必要です。
ピン端子は測定を行う時に、その都度プリント基板にリード線を半田付けする事なく、オシロスコープであればプローブを接続出来る、テスターなどの場合はワニ口グリップを使ってリード線を接続すれば電圧の確認を容易に行える、条件を変えて測定する時もピン端子があれば操作をしながら測定が出来るなどのメリットもあります。